劇的カーライフ

劇的ってなんだろう。カーライフという名の趣味を主とした雑記です。

クルマ

車のエアコンをキンキンに冷やす【コンデンサースプレー・設置&実験編】

前回の続きです! www.4g15maimai.com 作業に必要なものが揃いましたので作業開始です。 ウォッシャーノズル(噴霧状に拡散するタイプ) ミツバ製のワイドウォッシャー。ちょっとお高めですが拡散能力はかなりのもの。ノズル位置の調整ツールや、ワンウェイ…

車のエアコンをキンキンに冷やす【コンデンサースプレー・準備編】

あと1ヶ月もすれば暑い暑い真夏がやってきます。 当然、車内でエアコンを使いますが、走っていないとなかなか冷えないウチのコルト。1時間も走行を続けていればかなり冷えてきますが、短時間、短距離では本調子になりません。 なんとかしようということで、…

車載スマホホルダーを新調、これはオススメできる一品。【Smart Tap Easy One Touch 2】

今まで使ってきたスマートフォン車載ホルダーの吸盤がヘタってきたので、新しいものを購入しました。 それがこちら↓ Smart Tap Easy One Touch 2 という商品。 SmartTap オートホールド式 車載ホルダー EasyOneTouch2 ( 伸縮アーム 粘着ゲル吸盤 ) HLCRIO121…

信号機、標識のある風景【写真】

地元の人たちには何気ない日常の風景ですが、遠くの地から訪れた人にとっては非日常な風景。 たかが信号機や標識ですが、普段見慣れない地名が書いてあると「遠くまで来たな〜」と思わせてくれたり、後から見返して「こんな所も通ったな〜」と思い出させてく…

ヘッドライトの黄ばみやコーティング剥がれが目立ってきたので磨いてみた

今年で8年目に突入するコルト。 年数が経ってもクルマを美しく保つには黒い所は黒く、透明な部分は透明さを保ち続けることが重要です。 しかし、見て下さいこのヘッドライト。 コーティングが剥がれてきて表面がガサガサ、細かいキズもあり、全体がくすんで…

【試乗】ハイエースをレンタルして乗ってみた!思ったよりも燃費がイイね!

引越し手伝いのため、ハイエースを運転する機会がありました。 借りた車両 トヨタレンタカーにて2日間レンタルしました。 ハイエースバン DX ディーゼル 4WD 4AT 9人乗りという仕様。 プライバシーガラスではないので、"GLパッケージ"ではない普通のDX。 201…

トヨタ新型『スープラ』公開!GTSPORTで乗車可能に!

本日3/6、とうとう新型スープラが公開! newsroom.toyota.co.jp 「GR Supra Racing Concept」 スープラ16年ぶり復活! とはいっても「GR Supra Racing Concept」という名前の通り、市販モデルではなく、あくまでレーシングカーとしてスープラを蘇らせた、と…

メタルクラッド抵抗の設置場所とオススメの抵抗【ウインカーLED化】

【まえがき】 前提として、ウインカーLED化の際にハイフラッシャー対策としてメタルクラッド抵抗を使用するならば、PHILIPS製の抵抗がダントツでオススメです。 理由として、温度の上昇が他の製品と比べ緩やか、最高温度もかなり低めです。 PHILIPS(フィリッ…

PHILIPSのLEDウインカーの3年保証を申請してみる

ウインカーをLED化するにあたって使用しているPHILIPS製のLEDバルブ、「X-treme Ultinon LED Amber」ですが、この製品は購入日から3年間の保証が付いています。 PHILIPS(フィリップス) ウインカー LED バルブ T20(WY21W) アンバー 180lm 12V 5.5W エクストリ…

LEDウインカーのハイフラ対策、それぞれのメリット・デメリット

ウインカーを白熱球からLEDにする時は、同時にハイフラッシャー対策(ハイフラ対策)もしないといけません。 ブレーキランプやバックランプをLED化していても、ハイフラ対策が面倒くさくてウインカーはLED化していない!という方も多いのではないかと思いま…

東京オートサロン2018へ行ってきました!

金曜日から別の用事で関東入りしていたので、土曜日に行ってきました。 今回で昨年に引き続き2回目となります。 ほんの一部をピックアップして紹介。 深夜午前3時頃にメッセ駐車場へ。たまたまクルマがいなかったところを一枚。 実際は深夜にも関わらず、か…

自分なりの深夜ドライブのコツと注意するべきポイント。

遠征ドライブに行く時は、必ずといっていいほど深夜に出発し、下道を使います。 高速を使わない理由は、眠くなるから。 混雑する時間を避けて走行距離を稼ぐため、というのが主な理由です。(気持ちが高ぶって朝まで待てない、という子供っぽい理由もアリ笑…

オーバークール対策をしてみた!テープを貼るだけのカンタンなお仕事です

冬も本番になり、夏とはまた違った意味で気になってくるクルマの水温。 オーバークールとまでは行かないけれど、冬は少し冷え気味です。 朝は外気温0℃~3℃が毎日なので、エンジンをかけて走り出してもなかなか暖房が効かないのです。 コルトラリーアートはよ…

三菱・エクリプス クロスについて現在までの情報をまとめた!

先行予約やTVCMも始まり、なにかと話題の三菱新型コンパクトSUVであるエクリプスクロス。 www.eclipse-cross.jp 結構気になってはいるのですが、東京モーターショーにも行けていないし、近所のディーラーの内覧会は来年1月だしで、未だ実車は見れていないの…

205/45R16サイズのスタッドレスタイヤの少なさは異常

205/45R16というタイヤサイズ、これはコルトラリーアートVersion-R(以下コルトVR)の純正タイヤサイズです。 前回コルトVRのホイールサイズはほぼ絶版で、なかなかホイールが見つからないというネタを展開しましたが、タイヤも少ないのですよ! 参考記事 ww…

PCD114.3、4穴、16インチのホイールの少なさは異常

ホイールを交換する人はとても多いです。クルマに興味がある人は特に。 クルマに興味がない人でも、雪国であればスタッドレスタイヤに交換する際にホイールを追加で1セット購入する場合が多いと思います。 ↑純正シルバー色にゴールドキャリパーってどうなの…

【東京オートサロン2018に向けて勝手におさらい】幕張メッセ駐車場の深夜~開場までの様子!

東京オートサロンが2018年も開催されます。 www.tokyoautosalon.jp 今年は1月12日(金)、1月13日(土)、1月14日(日)の3日間の日程。 会場は幕張メッセで、前回と同様です。 やっぱりマイカーで行きたい! オートサロンは車のイベントですが、年々周辺の…

コルトに貼ったアルミテープの効果はどうだったのか?

前回の続き、樹脂製部品が多いコルトにアルミテープを貼り付けたら変化はあったのかどうか、書いていきたいと思います。 www.4g15maimai.com 低速域では残念ながらよく分からない 家をでると制限速度30kmの道なのですが、このようなステージでは一切変化がな…

コルトにアルミテープを貼ってみた!ラリーアートは貼れる所が多くて大変だった…

昨年話題になったトヨタのアルミテープですが、今更ながら貼ってみました! コルトラリーアートは外装部品に黒い樹脂フェンダーが装着されていて、アルミテープを貼れる場所が多い!ので、効果はありそうな気がします。 貼ったアルミテープ 最初は上の写真の…

これぞロマン!最高速度400km/h超のクルマを集めてみた!

クルマ好きなら一度はスピードが出るクルマに憧れるものです。よね? 300km/hを出せるスーパーカーは数多くあれど、400km/hを出せる車となるとかなり限られてきます。そんなクルマ達を集めてみました。凡人には買えないクルマばっかりでした。 ブガッティ・…

クルマの燃費や走行距離を記録するなら「みんカラ」を使うのが良い

皆さんはクルマの走行距離や燃費、整備記録などを記録していますか? 僕はバリバリ記録しています。役に立ってもいなくても、とりあえず記録しています。 あとから見返して感傷に浸る(?)もよし、今後のメンテナンスの計画を立てるもよし。 今回はその記録方…

走行距離13万6000km、7年目を迎えるコルトの調子は……

どうもです、Kです。 クルマは10万キロで寿命だ、とよく言われていましたが、技術が進歩している昨今は、10万キロは通過点に過ぎないと言われています。 実際その通りです。10万キロ以上走った中古車が海外に(特にロシア)大量に輸出されているのは有名です…

明るいLEDウインカーバルブはどれなのか。比較してみた

近頃、ドレスアップとしてウインカーをLED化しているクルマが多くなってきていると感じます。やはりLEDのキレの有る点滅はいいですよね。 しかし、昼間にウインカーを出しても点灯しているのかわからないほど暗かったりするクルマもいます。 現在のバルブに…

トヨタの新ブランド【GR】にはもうちょっと頑張って欲しいと思う

トヨタから発表された新スポーツブランド、「GR」。 toyotagazooracing.com 従来のG'sを置き換える形での登場ですが、「なんかイマイチだ…」と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか? もうちょっと頑張れトヨタ! 見た目が型落ちだ スポーツモデルな…

速い!お手軽!国産ホットハッチまとめ!【販売終了編】

ホットハッチまとめ、販売終了車種編です! 2017年現在、新車で購入可能なホットハッチはこちらを御覧ください。 4g15maimai.hateblo.jp ここでは、MTが選べる車種・グレードのスペックをメインに記しています。 国産販売終了車 現在中古でのみ購入可能な車…

純正LEDウインカーの国産車一覧【2018年7月版・流れるウインカー、発売予定車種も】

クルマのブレーキ&テールランプがLEDになっているのはすっかりお馴染みですよね。 しかし、LEDウインカーとなると、アウディ、BMWなどの外車は兎も角、国産車ではまだまだ少数。 ここでは、LEDウインカーを純正で搭載した国産車(国内販売車種のみ)を集め…

【2018年5月版】ホットハッチ好き必見!今、新車で買える国産ホットハッチをまとめてみた!

1. そもそもホットハッチとは? ホットハッチは、ファミリーコンパクトカーをベースとし、スポーツカーのような走行性能を与えたハッチバック車の事をいいます。ベースが大衆車ですから、普段使いの実用性はモチロンのこと、いざとなればワインディングや峠…

カーエアコンに水をぶっかけてみた

今日は今シーズン初の30度超えになりそうな日なので、コルトのエアコンをチェックしてました。フィルターや効きに問題はないようですが、同時にある実験も行いましたよ。その実験とは… コンデンサーに水をかけたらよく冷えるようになるのか?? というもので…

ホンダ・NSXの型式について誤解していたこと

こんにちは、Kです。今日はどうでもいい小ネタをひとつ。ご存知の方には「そんな事も知らねーのか!」と言われそうですが… 己の常識が覆る! 車両型式ってありますよね。FD3S、JZX100、CT9A、etc…… ホンダNSX(初代)にもそれぞれNA1、NA2と付けられています…