劇的カーライフ

劇的ってなんだろう。カーライフという名の趣味を主とした雑記です。

【GTSPORT】超カンタン!好きな文字、文章をデカール化する方法

アルファベットや数字はプリセットのデカールとして用意されていますが、漢字やひらがななどを使用したい場合は、自分で作ってしまいましょう。PC必須です。

 

今回の記事は、文字をデカール化する方法をカンタンにまとめたものです。

グラデーションや文字の装飾はここでは省いています。後ほど記事を書く予定です。

 

 

Inkscapeを利用して文字デカールを作る

多機能なフリーソフトである「Inkscape」(インクスケープ)を使います。

デカールを弄るのであれば、入れておきたいアプリです。

forest.watch.impress.co.jp

 

Step.1 文字、文章を入力する

Inkscapeを起動し、左のアイコン一覧からAのアイコン、「テキストツール」を選択。(※画像はクリックorタップで拡大できます)

f:id:kyoro32634g15:20180309150642p:plain

キャンパス内をクリックするとカーソルが出てきて、文字が打ち込めるようになります。

f:id:kyoro32634g15:20180309153719p:plain

今回は魑魅魍魎と入力。(厨二臭い)

 

Step.2 フォントを変更する

フォントを変更するには画面右下のTアイコン、「テキストとフォント」を選択。「テキストとフォント」ウインドウが出てきます。

f:id:kyoro32634g15:20180309154404p:plain

 

【フォントタブ】でフォントを変更することが出来ます。

下にプレビューが表示されます。

f:id:kyoro32634g15:20180309154647p:plain

フォントが決まったら、『適用』をクリック。

キャンバス内の文字にも適用されます。

 

【テキストタブ】で打ち込んだ文章の修正が出来ます。

f:id:kyoro32634g15:20180309154915p:plain

こちらも同様に、修正後は『適用』をクリック。

 

Step.3 文字をパスへ変換する

ここで打ち込んだ文字をベクターデータ化します。

左側のオレンジの◯、「選択ツール」をクリック。

キャンバス内の打ち込んだ文字をクリックし、罫線で囲まれた状態にします。

f:id:kyoro32634g15:20180309160133p:plain

次に上部の赤◯、「パス」タブをクリックし、プルダウンメニューから「オブジェクトをパスへ」をクリック。

f:id:kyoro32634g15:20180309160559p:plain

見た目に変化はありませんが、ベクター化されています。

試しに左メニューから「ノードツール」を選択し、テキストをクリックするとパスが配置されているのが分かるかと思います。

f:id:kyoro32634g15:20180309160853p:plainf:id:kyoro32634g15:20180309161017p:plain

 

Step.4 SVGファイルとして保存する

いよいよSVG化しますが、このままではキャンバスサイズが大きすぎるので、コンパクトにまとめます。

f:id:kyoro32634g15:20180309162432p:plainf:id:kyoro32634g15:20180309162518p:plain

 

左上の「ファイル」→「ドキュメントのプロパティ」をクリック。f:id:kyoro32634g15:20180309163319p:plain

 

ページサイズをコンテンツに合わせて変更』をクリック。

f:id:kyoro32634g15:20180309162752p:plain

 

拡張メニューが出てくるので、『ページサイズを描画全体または選択オブジェクトに合わせる』をクリック。

f:id:kyoro32634g15:20180309163028p:plain

これにより、キャンバスサイズが文字のサイズ丁度になり、コンパクトになります。

f:id:kyoro32634g15:20180309163419p:plain

 

次にSVG書き出しを行います。

左上の「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリック。

f:id:kyoro32634g15:20180309163319p:plain

 

ファイルの種類を『最適化 SVG』にして保存。ファイル名はご自由に。

f:id:kyoro32634g15:20180309163839p:plain

 

最適化SVGで保存する場合、メニューが出てきますが、以下の画像のように設定して下さい。

f:id:kyoro32634g15:20180309164638p:plainf:id:kyoro32634g15:20180309164647p:plain

f:id:kyoro32634g15:20180309164651p:plain

 

f:id:kyoro32634g15:20180309164900p:plain

作成したデータは13.4KB。このままでもGTスポーツにアップロード出来ますが、ファイル容量の上限15KBを超えた場合などは続くStep.5の方法で容量を落として下さい。

 

Step.5 SVGOMGを利用してファイル容量を削減する

以下のサイトでSVGファイルのダイエットをすることが出来ます。

SVGOMG - SVGO's Missing GUI

f:id:kyoro32634g15:20180309165335p:plain

 

グレーのエリアに作成したSVGファイルをドラッグ&ドロップします。

作成した文字が表示されます。

f:id:kyoro32634g15:20180309165757p:plain

『Precision』スライダーは0~8の9段階で動かす事ができます。左寄り(0寄り)にすればするほどSVGの容量が小さくなります。

容量を削減すればするほど、文字の形が崩れたりするので、『2』か『3』あたりに留めておくのが良いでしょう。

最後に青い丸のボタンをクリックしてダウンロードします。

 

f:id:kyoro32634g15:20180309170823p:plain

7.84KBまで落とすことが出来ました。

 

Step.6 GTSPORTに作ったデカールをアップロードする

後はアップロードすればゲーム内で使用可能になります。

デカールのアップロードに関しては以下の記事を参照して下さい。

www.4g15maimai.com

 

成功です。このような感じになりました!

f:id:kyoro32634g15:20180309172254p:plain

 

是非お好きな文字や文章のデカールを作ってみて下さい。

 

www.4g15maimai.com