劇的カーライフ

劇的ってなんだろう。カーライフという名の趣味を主とした雑記です。

LEDウインカーのハイフラ対策、それぞれのメリット・デメリット

ウインカーを白熱球からLEDにする時は、同時にハイフラッシャー対策(ハイフラ対策)もしないといけません。

ブレーキランプやバックランプをLED化していても、ハイフラ対策が面倒くさくてウインカーはLED化していない!という方も多いのではないかと思います。

ハイフラ対策の方法は何種類かあり、それぞれメリット・デメリットがあるので、改めて確認してみましょう。

f:id:kyoro32634g15:20180211131713p:plain

 

 

ハイフラ対策一覧

PIAA製ウインカーレギュレーターを使う

バッテリーと電球の間に接続し、点滅回数を制御するユニットです。

最近の王道はこの方法のようです。

PIAA製のLEDバルブにしか正式に対応していませんが、相性次第では使えるLEDバルブもあるらしい。

価格が高いのと、動作が温度や環境により左右されることもあり、不安定さが残るのが気になるところです。

 

メリット

  • 特になし

デメリット

  • 高価(Amazonで¥6000程)
  • 車種によって相性がある
  • PIAA製LEDバルブにしか正式対応していない

 

ウインカーリレーをIC式へ交換する

ウインカーリレーを差し替えるだけですから一番カンタンな方法です。

しかし近年は最初からIC式リレー(車載ECU内蔵)になっていて、交換出来ない車種も多く、車種を選ぶ方法です。ウインカーリレーを交換できる車種のみ可能です。

製品や車種によってはウインカーレバーを戻しても1~2回点滅したり、出し始め最初の一回が長く光るといった症状がでてしまい、点滅が安定しないといった問題もあります。

点滅の速さを調節可能な製品も多く出回っています。

上手くキマればコストが最小限で済むのが最大のメリット。

 

メリット

  • 安価。コストは一番安上がり
  • リレーを差し替えるだけなのでお手軽

デメリット

  • 点滅が一定にならない
  • ウインカーを戻しても数回点滅が続くこともある
  • 元からIC式の場合は交換できない

 

ハイフラ防止抵抗内蔵のLEDバルブを使用する

最近はLEDバルブ内に抵抗を内蔵したものも登場しています。

しかし、熱に弱いLED素子と、高温になる抵抗が近接しているため、耐久性には不安が残ります。現にレビューは悪いものが目立ちます。

 

メリット

  • 電球を交換するだけで済み、お手軽

デメリット

  • どう考えても故障しやすく耐久性には不安が残る

 

メタルクラッド抵抗を使う

f:id:kyoro32634g15:20180211131522j:plain

抵抗を並列に繋ぐことで、消費電流を白熱球並に増やしてハイフラを抑える一番シンプルな方法。造りも単純で、トラブルが少なく運用できます。

反面、抵抗がかなり熱を持つので、設置場所を考える必要があります。

言い換えれば熱対策さえしっかりやれば、一番実用的なハイフラ対策です。

 

メリット

  • 動作が安定している
  • 造りがシンプルで、故障の心配がない
  • 比較的安価

デメリット

  • ある程度の高温になるため抵抗の設置場所が限られる

 

純正でLEDウインカーの車種に乗り換える

ふざけているが一番確実な方法、安心安全の純正です。ハイフラなんてしません!

 

メリット

  • トラブルなんて無縁

デメリット

  • デメリットなんて考えなくても分かります

www.4g15maimai.com

 

最後に

まさに一長一短。これを機に是非ウインカーのLED化を検討してみてください。

LEDバルブ自体はどれが良いのか以下の記事で比較しています。参考にどうぞ!

www.4g15maimai.com