劇的カーライフ

劇的ってなんだろう。カーライフという名の雑記です。

【比較してみた】ウインカーをLED化したいなら、暗いバルブは避けるべき。オススメはコレです。

近頃、ドレスアップとしてウインカーをLED化しているクルマが多くなってきていると感じます。やはりLEDのキレの有る点滅はいいですよね。

 

しかし、昼間にウインカーを出しても点灯しているのかわからないほど暗かったりするクルマもいます。

 

僕もウインカーをLED化していて、現在のバルブに落ち着くまでに数種類のLEDバルブを購入してきました。しかし、殆どが純正より暗く、ボツになりました。

 

ここでは、購入してきた中で一番良かったバルブとダメなバルブを比較していきます。ウインカーをLED化したい方の参考になれば幸いです。

 

 

LEDバルブの比較

比較対象

ヤフ◯クで買った2個で2300円の48W級LED球

ダメなバルブ代表。謳い文句は48W級爆光!!というもの。LEDのチップ数はW数と同じ48個。

黄色の部分はプラスチック、シルバーの部分はアルミのような材質で、ヒートシンク構造になっています。

f:id:kyoro32634g15:20170924114430j:plain

実際に光らせてみます。極性はありません。

f:id:kyoro32634g15:20170924115642j:plain

直接見ると眩しく感じる程度には明るく見えます。

しかし、ソケットへの固定が甘く、カチッとはまりません。ゆるゆるです。

振動でユニット内に落ちてしまうのではないかと心配になります。

 

PHILIPS製エクストリームアルティノンLED

ネット通販でT20の2個セットが約5000円程です。ちょっと高価ですが、3年保証付きです。

上の48W級と比べると、ずっしりと重いです。

頭頂部は表面積を多く取るフィンのような構造になっていて、放熱性を重視していることが分かります。

LEDチップ数はたったの2個

f:id:kyoro32634g15:20170924114704j:plain

実際に点灯させてみます。極性があります。

f:id:kyoro32634g15:20170924120905j:plain

写真では1チップしか見えてませんが、かなりの明るさ。

f:id:kyoro32634g15:20170924121021j:plain

頭部に光源は無く、ソケット取付部に向かって光を照射していることが分かります。

 

他にも幾つか買ったのですが、あまりにダメだったので捨ててしまいました(笑)

 

実際に取り付けて比較

リフレクター内に取り付けて比較してみましょう。

 

純正T20白熱球

まずは基準となる純正T20から。もちろん一番明るいタイミングのショットです。

f:id:kyoro32634g15:20170924114850j:plain

純正だけあって、リフレクター全体を無難に照らしています。

 

48W級LED

次にヤフ◯クで買ったLED。単体では明るかった印象でしたが…。

f:id:kyoro32634g15:20170924114931j:plain

左右上下のリフレクターにはそこそこ光が当たっていますが、ソケットに近いリフレクター部に全く光が当たっておらず、総じて暗いです。

 

PHILIPS製LED

LEDチップが2つしかないPHILIPS製はいかに。

f:id:kyoro32634g15:20170924115045j:plain

これはかなり明るいです。発光部が無い頭部が黒く見えますが、それを感じさせないほどにリフレクターからの反射が大きい。正面から見るとかなり眩しいです。

 

3つ並べてみると一目瞭然。左中右それぞれ 48W級、純正白熱球、PHILIPS製

f:id:kyoro32634g15:20170924114931j:plain
f:id:kyoro32634g15:20170924114850j:plain
f:id:kyoro32634g15:20170924115045j:plain

純正白熱球で照らしきれていなかった部分が、PHILIPS製ではちゃんと照らすことができています。48W級は言わずもがな。

 

遠目から比較

 

まずは左:PHILIPS製右:48W級。

f:id:kyoro32634g15:20170924123814j:plain

 

次にPHILIPS製右:純正白熱球。

f:id:kyoro32634g15:20170924124006j:plain

 

明るさは

 

PHILIPS製>純正白熱球>>>>48W級

 

といった感じですね。

 

リフレクターの形状にもよると思いますので、一応、自己責任で選んでくださいネ。

 

おすすめはコレだ

オススメはやはり、純正以上の明るさを持つPHILIPS エクストリームアルティノンでしょう。コレ買っとけば間違いないです。

エクストリーム アルティノン LED ウインカー | フィリップス

 

僕の場合、年間走行距離1.5~2万キロで、取り付けてから2年弱経過していますが、未だに使えています。足回りも硬めにしていて、振動も大きい方だと思います。当然しっかりとウインカー出してますよ。

 

万が一点灯しなくなっても3年保証があるので、製品と車検証のコピー、購入時のレシートを着払いで送れば新品と交換してくれます。

 

5000~6000円とはいえ、安いものを何個も買って試すよりよっぽどいいです。というか、マトモなLEDウインカー球の中ではダントツで安いです

T20とS25がラインナップされています。

 

 

ハイフラ対策の抵抗も同じくPHILIPSから出ています。

 

まとめ

ウインカーをLED化するときの注意点は、純正と同等か、明るいものを選ぶことです。

万が一、ウインカーが暗く、見えづらい事が原因での交通事故が増えた場合、最悪ウインカーのLED化が禁止されるということもあるかもしれません。

暗いLEDウインカーバルブは、事故の誘発やトラブルの元になりますので絶対にやめましょう。というかやめて下さい。