劇的カーライフ

劇的ってなんだろう。カーライフという名の雑記です。

コルトラリーアートVersion-Rってどんなクルマ?スペックは?

どうも、Kと申します。頑張って書きますヨ~

 

今日は僕のマイカーである、コルトRALLIART Version-Rについて書いていきたいと思います。

 

 

f:id:kyoro32634g15:20170626175932j:plain:w300

そもそもコルトってどんなクルマ?

 

f:id:kyoro32634g15:20170628195750j:plain

 ライバルはヴィッツやフィット

 

三菱コルトは三菱のコンパクトカーとして2002年11月に発売され、2013年まで販売された息の長いモデルです。パッケージングを見れば、先に発売されたトヨタ・ヴィッツや、ホンダ・フィットを意識したものであることが分かります。

当時のダイムラー・クライスラーと共同で開発したプラットフォームを採用し、国産コンパクトでありながら、欧州車のような、しっかりとした剛性からくる走りの良さが一つの売りでした。

 

ライバルにスポーツグレードの登場

 

 フィットにはマニュアルモード付きのCVTを搭載し、リヤディスクブレーキを奢った「1.5T」が登場し、ヴィッツにも1.5リッターの「RS」にターボを搭載した「RSターボ」が登場。「RSターボ」は150ps/6400rpm、20.0kg/4800rpmのパワーを叩き出します。負けじと?三菱もスポーツグレードを登場させます。

 

コルトラリーアートの登場

 

f:id:kyoro32634g15:20170626174743j:plain

2004年10月、モータースポーツの名門であるRALLIARTの名を冠したコルトが登場します。搭載される4G15 1.5L MIVECターボエンジンは154ps/6000rpm、18.3kgm/2500rpmを発生。前後ディスクブレーキ、専用の足回りが与えられました。ラリーアート専用装備として

 

  • フロントグリル、テールゲートのRALLIARTエンブレム
  • 専用15インチアルミホイール
  • 大型マフラーカッター(これを収めるために、リヤバンパーを一部カット)
  • 大型リヤスポイラー(普通のコルトにもオプションで取付可能)

 

が与えられていますが、エクステリアは控えめで、一見普通のコルトにしか見えません。。

f:id:kyoro32634g15:20170628194101j:plainf:id:kyoro32634g15:20170628194517j:plain

 

 コルトをあまり知らない人から見れば、ただのコンパクトカーが2リッター並の動力性能があるとは思わないでしょう。下手に煽ると危険なクルマでした(笑)

しかし、当時はMTではなく、6速スポーツモード付きCVTのみの構成でした。この点で、ライバルのヴィッツRSには劣っていたといえます。当然MTを追加してくれとの声もあがってきますよね。そこでついに登場するのがVersion-Rです。

 

コルトRALLIART Version-Rの登場

 

 2006年5月、ついにRALLART Version-Rが発売されました。ランエボの弟分として、エボで培った技術をふんだんに取り入れています。

 

エンジン

 

エンジンこそ4G15 1.5L MIVECターボエンジンと同じですが、後期型ではインタークーラパイプの形状見直しにより163ps/6000rpm、21.4kgm/3500rpmまで出力アップしています。これは当時の国産コンパクトカーとしては最高のパワーです。

 

足回り

 

ゴールデンステアリングホイール賞を獲得した欧州コルトターボの足回りをベースに、国内向けにファインチューンされています。減衰力の最適化、各種アーム類のねじり剛性を高め、カッチリとした足回りとなっています。

ブレーキは4輪ディスクブレーキを採用。特にフロントは逆ベンチレーテッドディスクとなっていて、冷却性が高く、信頼性の高いブレーキです。

タイヤはついにと16インチ化され、出荷状態のタイヤはアドバンネオバ205/45R16が奢られています。

 5MT車にはASC(アクティブスタビリティコントロール)が搭載され、安定した走行のサポートをしてくれます。

f:id:kyoro32634g15:20170628203239j:plain

 ボディ

 

 一番の目玉。スポット溶接の増打ちをはじめ、サスペンション取付部や、リヤゲート開口部など、ボディ各所に補強がされています。

f:id:kyoro32634g15:20170630082715j:plain

 ↑ドア開口部のウェザーストリップをめくると、丸い跡が見えます。これがスポット溶接増打ち箇所。

 

エクステリア 

 

まるでランエボを意識させるボンネットエアダクトや、幅広タイヤを収めるためのオーバーフェンダーなど迫力は満点で、やる気にさせてくれる見た目です。

f:id:kyoro32634g15:20170701225341j:plain

 

 インテリア

 

エボ譲りのシフトノブやアルミペダル、オプションのレカロシートで納得の装備です。

 

 

さらに進化!Version-R "Special"の登場!

 

2008年5月、更にボディ剛性を高めたSpecialが300台限定で発売されます。これは従来の点溶接であるスポット溶接から、線溶接である連続シーム溶接とし、約10%の剛性アップを実現しています。専用のボディカラーであるライトニングブルーマイカが羨ましいモデルです。

あまりの人気ぶりに、2010年に再販されるほどでした。

 

そして生産終了…

 

コルトの生産終了と同時に、Version-Rの生産も終了します。Version-Rのような過激なモデルがまた出てくれればいいのですが、今の三菱だとそうカンタンにでそうにありません。三菱からホットハッチが復活するのを強く願う僕でありました。