劇的カーライフ

劇的ってなんだろう。カーライフという名の趣味を主とした雑記です。

トヨタ版コペンがおもしろそう…1.0LターボのFF+MTになるらしい。

2018年1/10号の「ベストカー」で、ダイハツ・コペンをベースにしたFFスポーツをトヨタが開発中!という見出しを見つけ、気になったので買ってしまいました。

f:id:kyoro32634g15:20171218203238j:plain

ベストカーによると、2015年に東京モーターショーで発表されたFRスポーツ、「S-FR」が開発中止となったことを受け、それに変わるクルマとして、コペンをベースにしたスポーツモデルを開発している、とのこと。

 

S-FR開発中止をうけて…

f:id:kyoro32634g15:20171218203917p:plain

トヨタ・S-FR  GTSPORTでドライブできますよ(^o^)

S-FRはパワーを使い切れる手頃なFRとして、なかなか評判も良かったのに開発中止…。

 

しかしトヨタとしては、86よりも小型なスポーツカーをラインナップに揃えたいようで、コペンをベースとしたスポーツカーを開発中のようです。

 

1リッターターボで110PS!

f:id:kyoro32634g15:20171218220024j:plain

剛性と衝突安全性が充分確保されているコペンのボディに、ダイハツ・トールに搭載されている1KR-VET、1.0Lターボエンジンを110PS程度にチューニングしたものを搭載。


トランスミッションはコペンの5MTを選択、増大したパワーに対応するための強化を行い搭載されるようです。

 

車重は950kg程度。1000ccとなったため軽規格から外れることになるので全幅が拡大され、ワイド&ローな見た目になるみたいですね。

 

GRブランドから発売され、モータースポーツ参戦ベース車両も同時に設定されるようで、こちらは130PS程度までパワーアップされるとのこと。

 

登場は2018~19年頃、と予想されています。

 

FRからFFに変えた理由?

S-FRとの大きな違いはやはり駆動方式でしょうか。S-FRがFRなのに対し、新型スポーツはFF。

 

もともとFRで開発していたものを中止し、FFにした理由。FRの方がスポーツカーらしい駆動方式であるのに、何故なのでしょうか?

 

それはやはり車両の価格を抑え、若年層にも手を出しやすいクルマにするためだと思います。

 

トヨタは若者のクルマ離れ対策に力を入れており、G'sブランドを一新して、新たにGRとしたのもその一環。

www.4g15maimai.com

豊田章男社長も自ら積極的にモータースポーツに参加し、クルマの楽しさをアピールしています。

 

しかしいくらクルマに興味を持っても、価格が高ければ買ってもらえなくてそこで終了です。若者向けのクルマとして出すには、できるだけ低価格で出す必要があります。

 

コペンをベースに選んだのも、新規にフレームから開発するよりも断然安価に抑えられるから。

リヤにプロペラシャフトとデフ、ドライブシャフトを持つFRよりも、ボンネットスペースだけで駆動系が収まるFFの方が低コストで済むから。

 

こういった事情があるのではないかと思います。

 

ライバルはホンダ・S1000か?

f:id:kyoro32634g15:20171218214514p:plain

ホンダ・S1000なのかはたまたS2000(ZSX)なのか不明瞭ですが…

同じく軽スポーツのライバルであるホンダ・S660がありますが、これをベースに1000ccエンジンを搭載したS1000が登場する、というウワサもあります。

もしこれが実現すれば、排気量1000ccクラスのスポーツカー界隈が熱くなりそうですね。

 

 

気になる人はベストカーを購入して読んでみてくださいね(^o^)

www.4g15maimai.com